バースデープレゼントにペアリングを贈る時のテクニック

バースデー,ペアリング,プレゼント

交際中の相手へのバースデープレゼントに、ペアリングを贈りたいと考えている方もいるでしょう。しかし、いくつかのポイントを押さえないと、喜ばれるはずのプレゼントが逆にマイナスになってしまうことがあります。ペアリングは相手に贈るプレゼントの中で、一番難しいものといえるでしょう。しかし、贈る時の流れをしっかり考えて注意点を押さえれば、とても喜ばれる特別なプレゼントになります。ぜひあなたの大切な相手へ、二人の絆を深めるペアリングを贈りましょう。

バースデープレゼントにペアリングを贈る時の流れ

バースデー,ペアリング,プレゼント

以前は、ペアリングを贈るのはある程度交際期間が長くなってから、という暗黙の了解がありました。購入しやすい価格帯のカジュアルなリングが増えたこともあってか、最近の10代後半~20代のカップルにとっては、交際期間が短くてもプレゼントとしてペアリングが選ばれるのは自然な流れとなっています。相手のバースデーが近ければ、ぜひペアリングを贈ることを検討しましょう。

バースデープレゼントとして適切か

バースデープレゼントにペアリングを贈ろうと思いついた時、まずは相手に対するリサーチが必要です。普段からリングをつけていない場合、もしかしたらペアリングをもらっても負担となってしまうかもしれません。職種や環境などによってはアクセサリーが禁止の場合もあります。それでも贈りたい場合は、いつもつけていなくても気にしないと伝える必要があるでしょう。

金属アレルギーではないか

また、相手が金属アレルギーではないかも確認すべきポイントです。コバルト・ニッケル・真鍮などは、特にアレルギーを起こしやすい素材なので、不安な場合は避けた方がいいでしょう。確認方法については、会話の中でさりげなく「何かアレルギーってある?知り合いが大変なんだよね」などと軽い口調で引き出しましょう。ペアリングを贈ることをサプライズにしたい場合は、不自然すぎてバレないように気を付けてくださいね。

サイズは合っているか?趣味に合っているか?は要確認

バースデー,ペアリング,プレゼント

相手にペアリングを贈ることを決めて金属アレルギーの有無も確認したら、相手のリングサイズをチェックして、好みもおさえておきましょう。

相手のリングサイズの確認をする

一番スムーズなのは、相手が眠っている時にそっと糸を指に巻き付けて計ることです。無理な場合は、雑談中にさりげなく相手のリングサイズを聞き出しましょう。ただ、中にはかわいい見栄を張ってしまい、実際のサイズより小さめに答える方もいるので、明らかに違う場合はワンサイズ上を購入すればちょうどいいでしょう。

相手の趣味に合ったものにする

また、贈る指輪の素材、デザインも大事です。普段の服装がモノトーンやシンプルなものが多い相手に、色味の強い素材や装飾が派手すぎる指輪を贈っても困惑されてしまうでしょう。二人でそれとなく指輪が掲載された雑誌などを見ながら、相手が「これかわいい!」や「これいい!」と褒めたものにすれば確実です。

高すぎるものだと相手が引いてしまう可能性も

バースデー,ペアリング,プレゼント

さて、素材やデザインの制約もありますが、気になるのは予算です。大事な相手へのバースデープレゼントなので、高価なものを購入したい気持ちはやまやまですが、あまりに高価すぎると相手が引いてしまうこともあります。学生なら1万円以下、社会人なら1万円~3万円の予算が一般的です。ただし、金属アレルギーがある相手の場合は、チタン・プラチナといった高価な素材のペアリングを選ぶ必要があります。

ブランドものが好きな相手には例外の場合も

ただし、ブランドものが好きな相手には、ノーブランドのペアリングを贈っても、内心ではあまり喜んでもらえないということも考えられます。最悪の場合、いろいろな理由をつけて使ってもらえないこともあるかもしれません。また、ペアリングをもらったら周囲の友達に自慢したいという方も多く、ブランドであることにこだわる場合もあります。相手の好みを見極めて、臨機応変に対応しましょう。

万が一別れても後悔しないように

価格で愛がはかれるものではありませんが、10万円を超えるようなペアリングを購入するカップルもいます。そのため、別れた後に後悔したり、揉めごとの原因になることもあるようです。順調な交際をしているとなかなか想像しづらいことですが、一応頭の隅に、もしかしたら別れが訪れるかもしれないということも想定しておきましょう。

安全な方法は一緒に選びに行く

バースデー,ペアリング,プレゼント

相手のリングサイズの確認が難しく、趣味もよくわからないという方は、「ペアリングをプレゼントしたい」と素直に伝えて一緒に買いに行きましょう。伝えられない場合は、デート中に何気なく宝飾店に立ち寄るといいでしょう。

二店舗ほど行くのがテクニック

最初に行くお店は、安価なペアリングを置いている宝飾店にしましょう。相手に少しだけ選ばせたあと、「もう少しいいお店で買おう」と予定していたお店に連れて行きます。そうすると多くの相手は、自分のことをきちんと考えてくれている、大切にされている、と感じるはずです。

普段つけられない場合はチェーンも

せっかくのペアリングなので、できればいつも身につけていたいものです。しかし、職種や環境によっては、そうはいかない場合もあるでしょう。そういった場合は、ペアリングと一緒に細めのネックレスチェーンも購入しましょう。ネックレスであれば、指ではなくても常に身につけていられます。また、その気遣いに相手も感動するでしょう。

まとめ

無事ペアリングを購入してサプライズで贈る場合、余裕があれば流行のダミープレゼントも仕込んでおきましょう。最初に普段使えるちょっとしたプレゼントを渡し、相手が「嬉しいけど、ちょっと地味?」と浮かない表情をしたタイミングで、すかさずペアリングを取り出します。きっと相手も喜んでくれることでしょう。大切な相手とおそろいでつけるペアリングが、二人にとっての最高の宝物になるよう願っています。