サプライズにも!心に残るバースデーカード!思わず感動してしまうメッセージは?

バースデー,メッセージ,サプライズ

「大切なあの人に贈るバースデーカード。いつも似たようなメッセージになってしまう」そんなときは、サプライズを企画して斬新なアイデアのメッセージカードにチャレンジしてください。シンプルな感謝の気持ちも、少しの工夫で大きな感動を呼び込めます。今回は、バースデーカードにぜひ取り入れたいアイデアをいくつかご紹介します。

心に残る!バースデーカードのプレゼント

バースデー,メッセージ,サプライズ

ケーキや誕生日プレゼントに比べたら、お祝いの言葉を伝えるバースデーカードは少し地味な存在に映るかもしれません。しかし、そんな目立たないアイテムだからこそ、特別感を演出すれば感動を呼んだときの効果も絶大というものです。
大切なあの人を感動させたい。そんな思いでバースデーカードを贈るのであれば、単にメッセージを添えるだけでなく、あっと言わせるサプライズを盛り込みましょう。少しの工夫と遊び心さえあれば、ただのメッセージカードから特別なプレゼントに様変わりします。ぜひとも、オリジナルのバースデーカードを作って、記憶に残るサプライズプレゼントに仕上げてください。

手作りでもできる!バースデーカードのアイデア

バースデー,メッセージ,サプライズ

わざわざお金を出して買わなくても、手作りで心のこもったバースデーカードを生み出せます。アイデア満載の手作りバースデーカードの作成例をいくつか取り上げますので、ぜひ参考にしてください。

メッセージパズル

感謝を伝えるメッセージと、大切な人の似顔絵イラストをパズル仕様にしたメッセージカードです。ひとつひとつのピースを組み合わせて完成するところにパズルの達成感と感動がありますが、この場合は逆です。ピースを外していくと、そこにはこれまでの感謝の気持ちや、相手のよいところ、好きなところなどさまざまなメッセージがぎっしり詰まっています。「ピースを外したところに感動が隠されている」という意外性が魅力のバースデーカードです。

サプライズボックスのメッセージカード

彼氏・彼女や両親、友達をあっと言わせるバースデーカードとしておすすめのアイデアが、「サプライズボックス」です。何でもないように見えるボックスですが、そのフタを開けると箱の四面が花びらのようにパックリ開いて、そこから思い出の写真やメッセージが飛び出してくる、何とも素敵なボックスです。海外でもサプライズプレゼントとして人気で、とくに彼氏向けのメッセージカードに利用する女性が多いようです。誕生日以外にも、バレンタインやクリスマス、結婚記念日などのサプライズにも使えて、大好きな人の喜ぶ顔が見られます。

「いいね!」メッセージカード

SNSですっかりおなじみの「いいね!」をうまく取り入れるだけで、素敵なメッセージカードに様変わりです。コンパクトサイズのカードを使って、感謝の気持ちや相手の好きなところ、ふたりだけの思い出のエピソードなど、さまざまなメッセージを「いいね!」と一緒に贈れば、感動を呼ぶこと間違いなしです。周囲の人にも協力してもらってたくさんの「いいね!」を集めてカードを作れば、さらに喜ばれるでしょう。

ポップアップカード

「ただの手紙かと思って開けてみたら、いきなり文字が飛び出してきた」そんなポップアップ仕様のメッセージカードもサプライズプレゼントとして人気です。作り方も簡単で、紙を折り曲げ、中央に切り込みを入れて浮き上がるようにするだけで完成です。紙を開いた瞬間、メッセージが飛び出してくるようで感動もひとしおです。

バースデーカードにはどんなメッセージを書いたらいい?

バースデー,メッセージ,サプライズ

素敵なアイデアでオリジナルのバースデーカードを作っても、肝心のメッセージ内容が淡白でありきたりなものだったらインパクトも弱まります。メッセージの文章も、ポイントを押さえて、感動を呼ぶような言葉と表現を考えてください。バースデーカードにメッセージを書くときに、押さえておきたいポイントをご紹介します。

文字数は100文字程度に抑える

大切な人へ贈るメッセージなので、たくさんの言葉をつづりたい気持ちは痛いほどわかります。しかし、あれもこれも詰め込んでしまうと、伝えたいことが何なのかはっきしなくなるおそれもあります。そのため、長くてもメッセージは100文字程度に抑えるようにしてください。短い言葉でも、心のこもった表現であれば、相手にも愛情が伝わるはずです。

素直な気持ちをストレートに書く

「ありがとう」「好きだよ」など、普段はあまり伝えることのない素直な気持ちをストレートに書けば、「そんなふうに思ってくれていたんだ」と意外な一面が浮かび上がり、熱いものがこみ上げてきます。

未来のことを書く

感謝の気持ちも大切ですが、「これからも~しようね」「また一緒に~したいね」というふうに、これから一緒に楽しみたいことを具体的に書けば、お互いの関係がこれからも続いていくことが連想されやすくなります。ぜひ締めのフレーズで使ってみてください。

まとめ

毎年の誕生日に贈るバースデーカードにマンネリが感じられたら、ぜひこちらでご紹介したアイデアを取り入れてみてください。きっと、大切なあの人の喜ぶ顔が見られるはずです。もちろん、インパクトばかりを重視するのではなく、素直に「おめでとう」の気持ちも忘れないことが大切です。