家族や恋人におすすめ!バースデー旅行の計画の立て方

バースデー,旅行

家族や恋人のバースデーを祝うのに、旅行の計画を立てたいとお考えではありませんか?主役によって、行き先や旅程は変わりますが、バースデー旅行を楽しむコツや気をつけるべき点を知りたいという方に、バースデー旅行の計画の立て方をご紹介します。失敗しないバースデー旅行の計画はどのように立てればいいのか、というポイントと、旅行でお祝い感を出すコツについて押さえておきましょう。あとは、主役の趣味や嗜好を反映させるさじ加減や、お金をかける部分についてしっかり詰めておけば、バースデー旅行の計画はバッチリです!素敵なバースデー旅行の計画を立てて、家族や恋人に素敵な思い出をプレゼントしましょう!

失敗しないバースデー旅行の計画の立て方

バースデー,旅行
まずは、バースデー旅行の大まかな計画を立てる時のポイントについて説明します。

主役に合わせてゆとりある旅程を組もう

バースデー旅行なので、基本的には主役に合わせた計画を立てましょう。そして、ゆとりのある旅程で、同行者との会話が楽しめるようにしたいものです。せっかくのお祝いなのに、話す間もなく皆疲れて寝てしまうなんてもったいないですよね。

子どもが主役なら夜にお祝いして次の日に遊ぶ旅程を

主役が子供なら、その年齢に合わせたアミューズメント施設での遊びを旅程に組み込みましょう。ただし、初日の昼間に遊ぶと、夜は疲れて眠ってしまい、食事ができなくなるという悲しい事態も考えられます。初日は夕方にホテルに入って、夜はバースデーケーキとお料理でしっかりお祝いをしてから、次の日にアミューズメント施設で遊ぶ、という順番がおすすめです。

大人が主役なら非日常感を大切に

大人が主役なら、いつもと違う非日常感を演出できる旅程を組みましょう。主役の好みを聞いて、できればこれまで行ったことのないロケーションを選ぶと喜ばれます。都会に住む人ならリゾートホテルや今流行りのアウトドアのグランピング、逆に郊外に住む人なら都心でショッピング三昧もいいでしょう。主役にとっての「非日常感」とは何か、本人にも話を聞きながら計画を立てると失敗がありません。

ゆったり派なら温泉旅行

旅でゆったりしたいという希望が強い場合は、温泉旅行がおすすめです。観光は思い切ってやめ、旅行の行き帰りで通る名所に立ち寄る程度にします。外湯が多い温泉地、館内の温泉施設が充実しているホテル、室内露天風呂付の高級旅館など、宿泊施設周辺を楽しむことがポイントです。

旅行でお祝い感を出すコツ

バースデー,旅行

次に、旅行先でお祝い感を出すコツについて説明しましょう。旅行先なので、あまり大げさな道具やグッズは使えません。宿泊先で借りられる道具や用意されているお祝い用プランなどを賢く活用して、お祝いムードを演出しましょう。

宿泊施設はいつもよりワンランク上を選択

お祝い感を出すのに一番重要なポイントは、いつもよりワンランク上の宿泊施設を選択することです。ホテルでも旅館でも構いませんが、思い切ってください。ここを節約すると、「何だかいつもの旅と変わらないね」ということになってしまいます。

アニバーサリープランのある宿泊施設を予約

ランクの高いホテルや旅館では、たいていアニバーサリープランが用意されています。バースデーケーキやシャンパンサービスなど、記念日を祝うことを想定したプランです。こういったプランはぜひ利用しましょう。ケーキは、持ち込みの相談も受け付けてもらえますので、事前に予約を入れてから宿泊施設側と相談しておくといいですね。

記念日のサービスがある施設もチェック

記念日のサービスがあるのは宿泊施設ばかりではありません。アミューズメント施設や観光列車にも記念日を演出するサービスが用意されている場合があります。主役の好みに合わせて、利用を検討してみてはいかがでしょうか。

プレゼントは宿で食事の際に渡そう

プレゼント渡すタイミングはいろいろありますが、宿での夕食時にお祝いのケーキを楽しんでいる時に渡すのがおすすめです。料理やケーキと一緒に写真を撮れますし、全員集まっているので皆でプレゼントの話題にして楽しむこともできます。宿の外で渡すと、途中でなくしてしまう、などといったトラブルの可能性があり、せっかくのバースデー旅行のテンションを下げてしまう恐れもあります。

主役の趣味・趣向はどこまで反映させるのがベスト?

バースデー,旅行

ここまでで、バースデー旅行の計画は大枠で見えてきましたね。あとは、主役の趣味や趣向にどこまで合わせるか、という点について検討していきましょう。

基本は主役に合わせる!

当然ながら、バースデー旅行は誕生日を迎える主役に合わせるのが基本です。ですが、一人旅ならともかく、同行者がいる以上は、全員がそれなりに楽しめるようにもしたいもの。主役に合わせ過ぎて他の人たちが楽しめない、ということのないように、何点か注意事項を説明しますね。

全員が一緒になってくつろげる場を作る

気をつけたい点は、全員がゆったりと会話できる場を作ることです。旅行に行く人全員が同じ部屋だといいのですが、別々の部屋だと部屋ごとに会話が分断されてしまいます。複数の部屋を取る場合も、できれば一部屋は和室にして、そこに全員集まれるような配慮をしましょう。

時には別行動でも大丈夫な計画を

旅程の中で、主役が楽しめる場所に行く際に他の人は一緒に楽しめない、という場合もあるでしょう。例えば3歳ぐらいの子供が主役で、3世代で旅行に来ている場合は、子供に付き合えないという人もいるかもしれません。逆に、年長者が主役の場合、子供は飽きてしまってじっとできないこともあるでしょう。このよう場合は、時に別行動も考慮に入れて、多くの人が楽しめるような観光名所やアミューズメント施設を選ぶようにしてくださいね。

お金をかけるポイントは事前に擦り合わせが必要

バースデー,旅行
最後に、計画を立てたらお金をかけるポイントについて、主役としっかりすり合わせておきましょう。

困ったら主役に決めてもらおう

計画を立てた人の価値観と、主役の価値観にはどうしてもずれが生じます。計画時には料理のお金を節約してその分プレゼントに回していたけれど、料理にこだわりたい、と言い出すかもしれません。遊びにお金をかけるつもりでいたら、宿でゆっくりしたいから外ではあまりお金を使う必要はない、と言い出す可能背もあります。旅程を組む時に、複数の選択肢をメモしておいて主役に選んでもらうようにすると、スムーズに旅程が決まりますよ。

まとめ

バースデー旅行の計画の立て方について説明しました。お祝いの対象となる主役の気持ちを第一に考えつつ、一緒に旅行に行く人たち皆がそれぞれ楽しめるように計画することが腕の見せどころです。宿泊施設やアミューズメント施設などの記念日プランも上手に組み入れつつ、ワンランク上のホテルや旅館を早めに予約しましょう。主役の趣味やお金をかけたい部分は優先しつつも、旅行に参加する人が皆楽しめる工夫はしておいてくださいね。素敵なバースデー旅行が家族や恋人、および参加者の素晴らしい思い出の一コマとなりますように。