秋のバースデーパーティー向け!飾りつけ&料理メニュー

バースデーパーティー,秋,料理

秋のバースデーパーティー、飾りつけや料理メニューをどうしようかとお悩みではありませんか?そんな方に、秋らしい素敵な飾りつけや、食欲の秋にふさわしい料理メニューをご紹介します。
飾りつけはオータムカラーをベースに、差し色も使うことがポイントです。飾りつけのアイテムとしては、季節感の出る紅葉やイチョウの葉、ブドウや栗、かぼちゃなどを効果的に使うと秋らしさが演出できますよ。料理は、秋の食材を多く取り入れたメニューにしましょう。

秋のバースデーパーティーの飾りつけ&料理メニューのポイント

バースデーパーティー,秋,料理
ここでは、秋のバースデーパーティーの飾りつけと料理メニューのポイントについてご説明します。全体としてどういう雰囲気にすればいいのか、イメージを掴みましょう。

飾りつけは秋を意識した演出を

暑い夏から涼しくなる秋にかけては、目にする色にも変化があります。秋らしい色合いや秋に実る果物や野菜は、それだけで十分存在感のある小物として、パーティーの場を演出してくれます。

料理メニューは温かくコクのあるものを

料理も温かいものが恋しくなる季節です。かぼちゃやさつまいも、栗を使った温かくコクのあるメニューを考えましょう。ただ、秋の代表的な食材であるかぼちゃや柿などは、好き嫌いの出やすい食材です。念のため、パーティーのゲストに好き嫌いはないか確認をとってからメニューを考えるようにしましょう。

飾りつけは紅葉やオータムカラーを取り入れよう!

バースデーパーティー,秋,料理
秋のバースデーパーティーには、やはりオータムカラーが似合います。積極的に取り入れていきましょう。

オータムカラーをベースに差し色も使って

オータムカラーとは、具体的には黄・オレンジ・紫・茶になります。テーブルクロスやランチョンマット、ペーパー類にオータムカラーを取り入れましょう。ただし、オータムカラーだけでは少々華やかさに欠けるので、差し色を使うといいでしょう。ビタミンカラーのフラッグや輪飾りなどをアクセントにすると、より華やかになりますよ。

紅葉などの落ち葉や秋の実でさらに演出

飾りつけのポイントは、色合いだけではありません。秋らしさを感じるポイントとして、紅葉やイチョウなどの落ち葉や、かぼちゃ・栗・ブドウなどオータムカラーの食材を使うと、華やかでぜいたくな雰囲気が演出できます。かぼちゃや栗は、飾り付けアイテムとしてそのままテーブルに置いてもいいですね。
デザートのブドウは、ケーキの横に置いておくだけで秋らしさを感じられます。かぼちゃをランタンにして、ローソクを灯してもおしゃれです。玄関先やお手洗いには、黄色・オレンジ・紫を組み合わせた花を飾って、どこにいても秋を感じられるようにしましょう。

料理メニューは旬の食材を使ったメニューがおすすめ!

バースデーパーティー,秋,料理
料理は、豊富な旬の食材を使ったメニューを中心に考えましょう。コクのある温かい料理がおすすめですが、サラダなどのさっぱりとした箸休めも用意しておくといいでしょう。

スープは季節感を凝縮したポタージュで

最初に味わってもらうスープは、季節のかぼちゃやさつまいも、じゃがいもを使ったポタージュにしてはいかがでしょうか。季節感が出るうえ、温かくてほっとする効果がありますよ。少し変わったメニューにするなら、さといもやかぶを使ったレシピもあります。
ポタージュは、ミキサーを使ったり裏ごししたりするため、手間がかかると思うかもしれませんが、ネットで検索すると、煮てつぶすだけの簡単ポタージュのレシピもいろいろと紹介されています。ぜひ、いくつか試作して、お手軽でおいしいレシピを見つけてください。

メインの料理はがっつりお肉で

メイン料理は、みんなが大好きなお肉料理がいいでしょう。から揚げやローストビーフなど、定番のお肉料理がおすすめです。つけ合わせに、じゃがいもやさつまいも、きのこなどを焼いたり揚げたりして添えると、秋らしさが演出できますよ。

オープンサンドにも旬の食材を!

オープンサンドも、季節感を演出しやすい料理です。栗や焼いたサンマをひと口大に切ったものを具材にしてみてはいかがでしょうか。

デザートは料理とのバランスで決める

秋らしくかぼちゃを使ったデザートもいいですが、ここまでの料理でかぼちゃをたくさん使ってきた場合は、ブドウを取り入れてみてはいかがでしょうか。味に変化をつけて、あっさりしたデザートを用意すると喜ばれますよ。ぶどうのゼリーやシャーベットなどが食べやすくておすすめです。また、ひと口大のスイートポテトがあると、つまみやすくてパーティーの最後にぴったりです。

嫌いな食材がないか事前にリサーチしておこう!

バースデーパーティー,秋,料理
秋のバースデーパーティーにふさわしい料理をご紹介しましたが、秋の食材は、好き嫌いが分かれることが多いです。特に、かぼちゃや柿、きのこなどが苦手な子供は多いので、事前にリサーチしてからメニューを組み立てていきましょう。せっかく頑張って作ったのに、残ってしまったら悲しいですよね。

まとめ

秋のバースデーパーティーにぴったりの演出についてご紹介しました。飾りつけには、ぜひオータムカラーと秋の食材や落ち葉を上手に取り入れてください。料理メニューは、豊富な秋の食材を使うだけで、十分季節感を表現できます。好き嫌いには少々気をつけなければいけませんが、ご紹介したアイデアを上手に活かして、お誕生日を迎える方を祝ってあげてください。