発祥は古代ギリシャ?意外と知らないバースデーケーキの歴史

バースデーケーキ,歴史

誕生日のお祝いに欠かせないものといえば、バースデーケーキです。火のついたロウソクに、ふーっと息を吹きかけて一気に吹き消すときは、パーティのなかで特に盛り上がる瞬間ですよね。今や当たり前になったこの光景ですが、いつごろ始まったのかご存じですか?
その歴史は古く、始まりは古代ギリシャだといわれています。そもそも、なぜ誕生日のお祝いにケーキを食べ、ロウソクを立てるのでしょう。意外と知られていないバースデーケーキの歴史について、ひも解いてみましょう。

バースデーケーキ発祥の地は古代ギリシャ

バースデーケーキ,歴史

バースデーケーキの歴史は古代ギリシャで始まりました。当時のお祝いする対象は月の女神「アルテミス」でした。丸い形のケーキを焼き、アルテミスの神殿に供えたと伝えられています。このとき、細長いロウソクをケーキに立て、火を灯して月の光に見立てて、その煙が地上の人々の願いとともに天上の神様たちに届くと信じられていたそうです。

中世ドイツでは子供たちの誕生日祝いに

その後、中世のドイツで「キンダーフェスト」という子供の誕生日を祝うお祭りで、ケーキの上のロウソクに火を灯してお祝いしたといわれています。当時、誕生日の子供のもとには悪霊がやってくるといわれていたため、子供を守るためにたくさんの人が集まりました。願い事が神様に届くようにとロウソクの火は一日中灯され、一日の終わりにケーキ切り分けてみんなに与えていたと伝えられています。

日本に伝わってきたのは戦後

「誕生日にはケーキを用意する」という文化がアメリカに伝わったのは、実は19世紀です。その後、年齢の数だけロウソクを立てたり、バースデーソングを歌ってお祝いをしたり、ロウソクの火を吹き消したりといった風習が加わって、現在のスタイルになりました。
このような、バースデーケーキで誕生日をお祝いするスタイルが日本に伝わったのは、第二次世界大戦後です。欧米風の誕生日のお祝いの仕方は、あっという間に日本に浸透しました。

「誕生日を祝う」という風習はいつから?

バースデーケーキ,歴史

「誕生日を祝う風習」と聞いて、あなたは何を思い浮かべますか?一般的によく知られている誕生日のお祝い事といえば、キリストの誕生日を祝う「クリスマス」があります。また、バースデーケーキの歴史の起源となったアルテミスなど、その昔、誕生日をお祝いする対象はこういった宗教的なものでした。

むかしの誕生日のお祝い方法は?

実は、むかしの日本では、今のように毎年誕生日を祝う習慣はなかったのですが、それに近い風習はありました。みなさんもご存じの「七五三」です。
「七五三」が始まったとされる室町時代の頃は、医学があまり発達していないうえ、庶民の食事も質素で栄養的にも十分とはいえず、幼くして亡くなってしまう子供は少なくありませんでした。そこで、3歳・5歳・7歳の年に成長したことを神様に報告し、感謝したのがはじまりです。
ほかにも「元服(げんぷく)」や「裳着(もぎ)」といった成人の儀も行われるようになり、こちらは今では「成人式」として残っています。

日本では「誕生日」が意外と新しい習慣

むかしの日本では、年齢を数えるときは「数え年」を使用していました。これは、すべての人の年齢はお正月になるとひとつ増えるという考え方です。そのため、日本には個人の誕生日をお祝いする習慣がありませんでした。
数え年の考え方は、1949年に「年齢のとなえ方に関する法律」が制定されるまで続きました。この法律ができたことで年齢を満年齢で数えられるようになり、そこから個人の誕生日をお祝いする習慣が生まれてきたのです。

ロウソクの火を消すときは願い事をとなえる?

バースデーケーキ,歴史

バースデーケーキの上に立っているロウソクの火は、バースデーソングを歌ってもらったあとに吹き消すのが一般的です。欧米では、火を吹き消す前には必ず心の中で願い事をとなえます。願い事をとなえたら、ひと息で火を吹き消します。このときにとなえた願い事は、絶対に口外してはいけません。そして、ロウソクの火は一気に吹き消すことで願いが叶うと信じられています。

バースデーソングは替え歌だった?

ロウソクの火を消す前に歌う「ハッピーバースデートゥーユー」というこの歌、実はアメリカのヒル姉妹が作詞・作曲した「Good Morning to All」という歌の替え歌です。
実はあまり知られてはいませんが、この「ハッピーバースデートゥーユー」という歌の原曲は長い期間著作権が発生していました。アメリカで知的財産権が消滅したことで著作権フリーとなったのは、2016年でした。日本では1999年に歌詞、2007年には曲が著作権フリーとなりましたが、日本語に翻訳された歌詞は2059年まで著作権が発生する予定です。

まとめ

バースデーケーキは古代ギリシャに始まり、長い歴史を持つものですが、日本に伝わってきたのは戦後で、意外と新しく浸透した風習だということがわかりました。また、この風習が世界の各地をめぐる間に、その土地の文化にあわせて進化してきたというのも興味深いところです。
日本には数多くのケーキ屋さんがあり、優秀なシェフがたくさんいて、そのお店ごとに個性的なバースデーケーキがあります。シチュエーションに合わせてケーキの種類を選べるというのは魅力でもあり、バースデーケーキの進化の形でもあります。