親から子供に贈るバースデーカード!子供向けメッセージの書き方

バースデーカード,メッセージ,子供向け

普段は照れくさくて、なかなか子供への思いを伝えられないものです。せっかくの子供の誕生日、愛情全開のメッセージで素敵なバースデーカードを書いて贈ってあげましょう。大事に取っておけば、子供が大きくなってから見返したときに、懐かしくて温かい気持ちになるでしょう。
こちらでは実際の文例もまじえて、メッセージの書き方をご提案します。バースデーカードをもらった子供が、プレゼントよりも喜んでくれるように、張り切ってメッセージを考えましょう!

子供に贈るバースデーカードのメッセージの種類

バースデーカード,メッセージ,子供向け
バースデーカードは、文字を書けるスペースが限られています。簡潔に内容を絞って書くことで、子供向けでも、思いが伝わりやすいメッセージになりますよ。

「お祝いモード全開」でいきましょう

バースデーカードは誕生日をお祝いするためのものなので、お祝いの言葉は欠かせません。よけいなことは書かずに、「おめでとう!あなたの成長がうれしいよ」と話のテーマを絞って書いても、シンプルに思いが伝わります。

とにかく「愛している!」と伝えましょう

「愛している」という言葉は、自分の子供に対しても、普段あまり口にしないものですよね。せっかくの誕生日には、その思いをメッセージにして伝えてあげましょう。誕生日にプレゼントと心のこもったバースデーカードをもらうだけでも、どんなに自分が愛されているか実感するでしょう。
そして、メッセージを読み返す度に、もらったときの喜びが何度でも感じられます。

子供の「向上心」を応援しましょう

勉強・習い事・お家のお手伝いなど、子供の「頑張っていること」をほめて、「ひとつ歳を取ったのだからさらに一段上を目指そう」と背中を押してあげましょう。
大人にとってはそうでもありませんが、子供にとって歳をひとつ重ねるというのは、とても大きなイベントです。子供が前向きな気持ちを持つこのタイミングを逃さず、努力することや向上心を持つことのすばらしさを、あらためて教えてあげましょう。

子供への誕生日メッセージが書きやすくなるポイント

バースデーカード,メッセージ,子供向け
バースデーカードに書く内容の大まかな方向性が定まったら、肉づけをしていきましょう。

絶対にマイナスなことは書かないこと

たまにあるのが、いろいろ書いているうちに欲張ってあれもこれも伝えたくなり、つい小言めいたことを書いてしまうパターンです。せっかくのお祝いなので、子供が嫌がってしまっては台なしです。

シンプルにまとめること

書いているうちに長い手紙のようになってしまったら、それはまた別の機会に取っておきましょう。子供向けのバースデーカードは、シンプルにまとめるのがコツです。普段子供が頑張っていることをストレートにほめてあげましょう。

思いを素直に伝えること

親子の間で飾りたてたお祝いの言葉は不要です。親として、一人の人間としての思いを素直に伝えましょう。子供が生まれたときの感謝の気持ちを思い出して伝えるのもいいことです。

メッセージのサンプル

バースデーカード,メッセージ,子供向け
子供が生まれたとき、1歳の誕生日を無事迎えられてお祝いしたときなど、今までの節目を振り返れば、自然と素直な思いが浮かんでくるでしょう。その思いをスムーズに文章にできるように、ここでは例をいくつか挙げていきます。

「お友達を大切に」のメッセージも込めて

〇〇ちゃん、お誕生日おめでとう!これからもお友達を大切に、みんなで仲よく大きくなっていってね!

遠い将来に夢を馳せて

〇〇ちゃんと同じ年のとき、ママ(パパ)は〇〇ちゃんみたいにお利口じゃなかったよ。〇〇ちゃんが大きくなってママになったら、どんなすてきなママになるんだろう?楽しみだね!

近い将来に夢を馳せて

来年のお誕生日には背が何センチ伸びているかな?一年後にはどんなふうになっているだろう?

大きくなっていく子供に伝えるべき思いとは

バースデーカード,メッセージ,子供向け
何か気の利いたことを伝えようとするよりも、肩ひじを張らずにメッセージを書く方が、子供向けで心に響くものになるでしょう。そのとき感じていることを素直な気持ちで書いてください。

人として大切なことを伝えたい

子供が無事に誕生日を迎えられたということは、多くの人の愛情や献身があったおかげだということを伝えたいものです。祖父母や学校の先生、かかりつけのお医者さんやご近所さんなど、子供が感謝すべき方々は身近にたくさんいることでしょう。誕生日を機会に自然な形で感謝の心をはぐくめるといいですね。

常に「愛されている」安心感を与えたい

子供のすこやかな成長のためには、常に「愛されている」「大切にされている」という実感を子供自身が持てることが大切です。思いのこもったバースデーカードを毎年贈り続けることで、子供は安心して成長していくことができるでしょう。

まとめ

いかがでしたか。子供にとって誕生日は特別な日です。ぜひ、子供向けの愛情いっぱいなメッセージを書いて贈ってあげてください。思いが込められたバースデーカードは、きっとかけがえのない宝物になりますよ。