2017/8/24

【対象別】相手が喜ぶバースデーケーキの相場は?

バースデーケーキ,相場

バースデーケーキを用意する際、相手が喜ぶことを前提に選ぶのが当たり前ですよね。しかし、贈る相手の立場によっては、高価すぎるケーキをもらうと申し訳なく感じたり、食べきれず困ったりすることがあります。そのため、バースデーケーキは送る相手によって相場が異なると考えるのがいいでしょう。ここでは、家族や職場の人、恋人などの対象者ごとに、おすすめのケーキサイズや種類をピックアップしています。はずさないケーキ選びの参考にしてみてください。

一般的なホールケーキの相場は?

バースデーケーキ,相場

誕生日にはホールケーキを購入される方が多いのですが、ホールケーキといってもサイズによって金額が異なります。また、イラストケーキや立体ケーキといったケーキの種類によっても金額が変わってくるため、詳しく見ていきましょう。

デコレーションケーキの相場

デコレーションケーキの場合、4号(直径12cm)で2,000円前後が相場ですが、バースデーケーキの場合、チョコレートのプレートや文字、フルーツなどをオプションで加えるため、これより300~500円ほど高く見ておいてもいいでしょう。1サイズ大きくすると500~1,000円ほど金額が高くなるので、人数によっても相場が変わってきます。

イラストケーキ・立体ケーキなどの相場

イラストケーキや立体ケーキといったデザイン性の高いバースデーケーキを購入する場合、ケーキ屋さんの力量によっても金額が変わってきます。また、イラストを入れる場合にはキャラクター1体増やすごとに金額が変わってくるので、モチーフ選びも重要です。5号サイズでキャラクターを1体かいてもらう場合には、3,500~4,000円を目安にすると良いでしょう。立体ケーキの場合、モチーフの形によってサイズが変わるため○号と表示するのが難しいですが、細かな作業が加わる分、金額は高めです。単純なものであればイラストケーキと同等ですが、高度な作業が必要となる場合は10,000円以上かかる場合もあります。

身近な人のバースデーケーキの相場は?

バースデーケーキ,相場

バースデーケーキを選ぶとき、家族や友人などの身近な人に対してはどれだけ金額を出しても惜しくないという気持ちの方も多いのではないでしょうか。バースデーケーキに選ばれることの多いケーキの種類をまとめてみましたので、価格の参考にしてください。

家族へのバースデーケーキの目安

家族へのバースデーケーキは、多少高くてもきちんとお祝いしてあげたいものですね。人気が高いのはやはりデコレーションケーキですが、デコレーションが豪華なものや、フルーツがたっぷり乗ったものなどが人気があります。また、トッピングが豪華だとボリュームが心配だという女性や年配の方には、繊細なデザインのデコレーションが施された上品な印象のケーキが喜ばれているようです。小さな子供やユニークなものが好きな大人には、キャラクターケーキや立体ケーキが人気があり、インパクト抜群の誕生日にすることができます。これらを踏まえると、家族へのバースデーケーキは4号~5号サイズの2,500~4,000円ほどを目安に考えるといいでしょう。

友人へのバースデーケーキにおすすめの価格帯

親しい友人には、特別な誕生日プレゼントを贈ってあげたいと思う人も多いのではないでしょうか。友人への誕生日プレゼントの相場は、アンケートの結果によると、2,000~5,000円という声が多い傾向にあります。もちろんどれほど仲が良い相手なのかにもよりますが、「あまりに高額だとお返しに困ってしまうため」という意見も見られました。5,000円になるとケーキではかなり豪華になってしまい、こちらもお返しに困ってしまう可能性がありますので、2,000~3,000円ほどの小さなケーキがおすすめです。

恋人や職場の人へのバースデーケーキの相場

バースデーケーキ,相場

恋人同士でバースデーパーティをする場合、大きなケーキでは食べきれないですし、プレゼントにお金をかけているためケーキにはそれほど費用がまわせないといった面もあるでしょう。また、職場の人へバースデーケーキを用意する場合には、シチュエーションや立場にも注意する必要があります。

恋人同士なら小さなバースデーケーキがおすすめ

恋人へバースデーケーキを用意する場合には、3~4号の小さいサイズのケーキがおすすめです。プレゼントや食事にお金をかけているという方も多いため、キャンドルを灯して誕生日の気分を味わえるだけでも満足感が得られるでしょう。3号サイズのケーキの取り扱いがないケーキ屋さんもあるので、あらかじめ探しておくとイベントごとに利用することができ重宝します。また、旅館やホテルなどでサービスとして小さなケーキを用意してくれるところもあるので、そういった施設でデザートとして出してもらうのもいいでしょう。4号からはケーキ屋さんでも販売されていることが多く、デコレーションケーキで2,000円前後から購入できます。

職場の人へは立場と人数を考えて慎重に

職場の人へのプレゼントは、実用的で高すぎないアイテムが多いと思います。ケーキもそれほど華美なものでなくても、感謝やお祝いする気持ちが伝われば十分です。ただし、上司・部下といった関係性や、職場でサプライズパーティを開くといったシチュエーションに合わせて選ぶ必要があります。プレゼントとしてケーキを渡すのであれば、一口サイズのプチガトーやプチタルトなどでも十分喜ばれるでしょう。パーティを開く場合は、必ずスタッフの人数に合わせてサイズを確認しましょう。また、こういった場では勘定を分けることがほとんどですので、事前に予算を設定し、話し合って決めることも重要です。

まとめ

誕生日といっても、一緒にお祝いするか否か、プレゼントとして渡すのかどうかといったシチュエーションによっても、ケーキのサイズや種類、金額が大きく変わってきます。相場を理解することでそれぞれに合わせてぴったりなバースデーケーキを選んで、贈る側も贈られた側も笑顔になれる素敵なバースデーを楽しんでください。