2017/7/3

バースデーケーキにぴったり!誕生日に写真ケーキを贈ろう!

バースデーケーキ,写真

誕生日に欠かせない、バースデーケーキ。中世のドイツにて生まれた「誕生日にバースデーケーキを食べる」という風習は、今や日本でもおなじみのイベントになりました。しかし、毎年購入しているケーキが、だんだんマンネリ化しまうことも珍しくありません。今回は、「一風変わったバースデーケーキにしたい」とお考えの方にピッタリの「写真ケーキ」についてご紹介します。写真ケーキの特徴や、ケーキ屋さんで注文する前に知っておきたい「写真の選び方」などもあわせてまとめていますので、ぜひ参考にしてみてください。

いつもと違うバースデーケーキにしたい時は写真ケーキ!

フォトケーキ

出典:https://sweetsguide.jp/product/52705

写真ケーキとは、文字どおり「写真やイラストが印刷されたケーキ」のことです。簡単に世界でひとつだけのケーキを作れることや、味だけでなく見た目も楽しめることから、幅広い世代から人気を集めています。

写真ケーキはどこで注文できる?

写真ケーキを取り扱っているケーキ屋さんの店頭やインターネットサイトなどから注文できます。ケーキに印刷する写真や画像については、事前にお気に入りの写真を用意しておきましょう。
ちなみに写真ケーキは、「プリントケーキ」「ピクトケーキ」「フォトケーキ」というように、店によって呼び方が異なる場合があります。インターネット上で写真ケーキの取り扱い店の情報を集めたい時は、キーワードを変えながら探してみてください。
⇒実際の注文方法を詳しく見る!
⇒フォトケーキのWEB予約ができる全国のケーキ屋さんを探す!

 写真ケーキの用途とは

写真ケーキは家族の誕生日をはじめとして、母の日や父の日、送迎会といったさまざまな記念日に利用されています。また、中には結婚式や企業の創立記念式典など、大人数でのパーティ向けの写真ケーキを作ってくれるケーキ屋もあります。写真ケーキの用途や希望サイズにあわせて、注文先のケーキ屋を選んでみましょう。

写真ケーキで選べるケーキの種類は?

フォトケーキ

出典:https://sweetsguide.jp/product/48676

写真ケーキは、一般的なバースデーケーキとほぼ同じ種類が楽しめます。具体的には、チーズケーキ、イチゴのショートケーキ、チョコレートケーキ、フルーツケーキなどがあり、希望にあわせて味やサイズを選ぶことができます。ただし、注文先のケーキ屋さんによっては、写真ケーキ用にメニューが限定されていることもありますので、あらかじめ確認したうえで注文することをおすすめします。

写真ケーキの保存状態について

写真ケーキには「生ケーキ」と「冷凍ケーキ」があり、冷凍ケーキは解凍までに数時間かかってしまいます。解凍を始めた時間帯によっては記念日当日に食べられないなんてことも。ただし急いで解凍すると、せっかくのケーキが台無しになってしまうので、注意が必要です。写真ケーキを注文する際には、事前にどちらの状態での受取になるのかを確認しておきましょう。

それぞれのケーキのメリット

生ケーキの魅力は、クリームのやわらかな食感や新鮮なフルーツの味が楽しめることです。また、店頭で受け取ってからすぐに食べられるところもメリットといえます。
一方、冷凍ケーキの魅力は、遠方の店舗からケーキを取り寄せることができることや、冷凍状態のままであれば長期間の保存もしやすいことです。
生ケーキと冷凍ケーキそれぞれにメリットがあるので、ケーキを受け取る日の忙しさや、誕生日ケーキにおいて重視したいポイントに応じて、利用しやすい方を選んでみてください。

写真ケーキは全部食べられる?

フォトケーキ

出典:https://sweetsguide.jp/product/24548

印刷された写真部分も含めて、すべて食べられます。
写真ケーキに使われるインクは、厚生労働省が承認した着色料などでできている「食用インク」です。味や匂いがほとんどないため、ケーキのそのままの風味を楽しむことができます。
ただし、食物アレルギーがある方は、以下の点に注意が必要です。

アレルギー品目に注意

写真ケーキの印刷方法には、「ケーキの表面のポイップクリームなどに直接画像を印刷する方法」と、「可食シートに画像を印刷してからケーキに飾りつける方法」があります。この2つのうち特に注意したいのが、後者の「可食シートが使われている写真ケーキ」です。
可食シートの主な原材料は加工デンプンやゼラチンなどですが、中には大豆が含まれている商品もあります。写真ケーキを注文する際は、大豆アレルギーについての注意書きがないかどうかをよく確認するようにしましょう。

写真ケーキの賞味期限は?

写真ケーキの賞味期限は、一般的なバースデーケーキと同じく、生ケーキなら1~2日、解凍前の冷凍ケーキなら10日ほどです。
ただし、写真部分のインクは水気に弱いため、時間が経てば経つほど絵柄がにじみやすくなります。きれいなデザインを楽しみたい方は、できるだけケーキを買ったその日のうちに食べるようにしましょう。
⇒実際の注文方法を詳しく見る!
⇒フォトケーキのWEB予約ができる全国のケーキ屋さんを探す!

まとめ

写真ケーキの特徴や、注文する際に知っておきたい注意点などについてご紹介しました。写真ケーキの予約から受取までにかかる期間は、おおよそ2日から1週間ほどです。定休日や予約数などによって受取までの期間が延びるケースもありますので、希望の受取日の10日前には注文先のケーキ屋さんを決めて、予約をすませておきましょう。お気に入りの写真を用意して、世界でひとつだけのバースデーケーキを注文してみてください。