2017/7/3

もう困らない!食べきれなかったバースデーケーキの保存方法

バースデーケーキ,保存方法

せっかくの誕生日には、ちょっと奮発して大きなバースデーケーキを用意したいものですよね。しかし、生ケーキの場合は2日ほどで食べきらなければならないため、残してしまう方もいるのではないでしょうか。
そのため今回は、食べきれず残ってしまったバースデーケーキの保存方法についてご紹介します。冷凍保存に向いているケーキの種類や、保存後の賞味期限などについても触れているので、「残ったケーキをおいしくいただきたい」という方はぜひ参考にしてみてください。

残ったバースデーケーキの保存方法

バースデーケーキ,保存方法

出典:https://sweetsguide.jp/product/25094

残ってしまったバースデーケーキを保存するときは、「密閉できる別の容器に移してから冷蔵庫に入れること」が基本です。なぜ別の容器に移すかというと、バースデーケーキの包装によく使われている紙の箱は、冷蔵庫内の冷気や匂いを通しやすいからです。そのため、ケーキスポンジの乾燥やクリームの劣化を早めてしまう可能性があります。

具体的なケーキの保存方法としては、以下の方法があげられます。

食品保存容器に入れて保存

バースデーケーキを適当なサイズにカットしたうえで、食品保存容器に入れて密閉します。バースデーケーキの高さは15センチほどであることが多いので、事前に15センチ以上の厚みがある容器を用意しておくとよいでしょう。

ケーキ用のフードパックに入れて保存

市販のケーキドームやケーキ用のフードパックを使って、ホールケーキをまるごと保存する方法です。特にケーキドームは見た目もおしゃれなので、誕生日パーティー中にバースデーケーキを出すときなどにも役立ちます。

「ホームパーティーはしないし、ホールケーキもめったに買わない」という場合は、使い捨てのケーキ用フードパックもおすすめです。

紙の箱のまま保存

購入時の箱にケーキを入れ、箱の周りをしっかりラップで覆ってから冷蔵庫で保存します。ラップで冷気や匂いを遮断することで、スポンジの乾燥やクリームの劣化を防ぐことが可能です。手元に食品保存容器やフードパックがないときは、参考にしてみてください。

ケーキによっては冷凍保存ができる

バースデーケーキ,保存方法

出典:https://sweetsguide.jp/product/38970

バースデーケーキの種類によっては、冷凍保存をすることでより長持ちさせることができます。

冷凍保存に向かないケーキ

冷凍保存に向かないケーキは、フルーツを多く使ったケーキや、生クリームをたっぷり使ったケーキなどです。フルーツは解凍時に水分が出やすく、生クリームは解凍時に分離してしまう可能性があるからです。このようなケーキを買ったその日に食べきれなかった場合は、冷蔵庫で保存したうえで早めに食べるようにしましょう。

冷凍保存に向いているケーキ

一方、冷凍保存に向いているケーキには、シフォンケーキやガトーショコラ、チーズケーキなどがあります。イタリアンドルチェのひとつであるセミフレッド(半解凍のまま食べるアイスケーキ類のこと)のように、完全に解凍されていない状態で食べると、また違った味わいを楽しむこともできます。

ケーキを冷凍保存する時のコツ

ケーキを冷凍保存するときは、冷蔵保存の場合と同じく、食品保存容器で密封して保存する方法がおすすめです。フルーツがトッピングされている場合は、事前に取り除いておくことで、解凍時にスポンジが湿ってしまうリスクを避けられます。なお、フルーツは傷みやすいので、ケーキを買ったその日もしくは翌日までに食べるとよいでしょう。

保存したケーキの賞味期限はどれぐらい?

バースデーケーキ,保存方法

出典:https://sweetsguide.jp/product/38970

冷蔵庫で保存したケーキは、購入日の翌日までには食べ終えるようにしましょう。生ケーキに使用されているクリームやフルーツは、長期保存には向きません。特に、食品添加物が入っていない手作りケーキは傷むのが早いので、できるだけ購入日に食べ終えるようにしましょう。

冷凍庫で保存したケーキの賞味期限は?

冷凍庫で保存したケーキの賞味期限は、2週間ほどが目安です。「いつ冷凍したんだっけ?」とならないよう、冷凍庫に入れた日付のメモを貼るなどしたうえで、冷蔵保存したケーキと同じく早めに食べるようにしましょう。

食べきれそうにない場合は

どうしてもバースデーケーキが残ってしまいそうになったら、アレンジメニューを楽しむのもおすすめです。

たとえばスポンジ部分だけをフレンチトーストにリメイクしたり、生クリームをウインナーコーヒーやホットチョコレートに使ったりする方法があります。生クリームをひとくちサイズに分けて冷凍庫で保存しておき、温かい抹茶ラテや紅茶にトッピングにしたり、そのままアイス感覚で食べるのもおすすめです。なお、冷凍した生クリームの賞味期限は、「1カ月ほど」が目安です。賞味期限を守りながら、さまざまなアレンジメニューを楽しんでみてください。

まとめ

残ってしまったバースデーケーキを、できるだけおいしく保存する方法についてご紹介しました。上記のとおり、食品保存容器を利用したり冷凍保存すれば、長い期間ケーキを楽しむことができます。しかし、バースデーケーキは「購入した当日に食べきること」が基本です。ホールケーキを購入すると残してしまうことが多いという方は、1~2人用の小さめのホールケーキを購入したり、冷凍保存がしやすいアイスケーキやガトーショコラを選んで購入するのもおすすめです。

「食べきれるサイズ」を踏まえたうえで、素敵なバースデーケーキを選んでみてください。